難関大学を受験するために

全国的に名前の知られた、いわゆる難関大学を受験するためには、なるべく早く志望校、志望大学を絞り込み、その大学の傾向に合った対策を早期に始めることが重要です。一般に難関大学と言われるレベルの大学となると、大学によって、また学部によって、出題傾向に大きな違いがあります。そのため、自分の希望する大学の、希望する学部に合った勉強をなるべく早く始めることが重要になるため、ターゲットをなるべく早く決めておくことが必要になります。

高校入学後、当面は基礎固めの時期が続きます。この時期には、授業で習ったことをしっかり身につけていくことが重要です。この時期に志望する難関大学のレベルに自分の実力が全く及んでいないとしても、全く問題はありません。基礎的な知識を十分に蓄え、日頃の授業で習ったことを完全に理解できるよう努力を続けていくことが肝要です。
学年が上がり、志望校毎の対策を始める時期には、受験する大学、学部をかなり絞り込んでおかなければなりません。その傾向に合わせて過去問や対策問題を解くとともに、センター試験レベルの問題のトレーニングも続けていくことが必要です。この時期には、模試での判定も少しずつ意識する必要があります。

通っている高校のレベルがいわゆる進学校と呼ばれるような高校で、かつ卒業生が自分の志望校への合格を果たしているようであれば、必ずしも塾や予備校に通う必要はありません。学校で十分な指導を受け、分からないことや不安があれば信頼のおける教師に相談し、志望校の赤本や自分で伸ばしたい分野、苦手な科目等の参考書をうまく活用すれば、合格は可能です。